月別アーカイブ: 2017年11月

夜勤がないところで働きたい

当たり前すぎることですけど、看護師の仕事って医療現場において重要ですよね。

日々、厳粛な現場で激務をこなしていたら、色々な精神的負担に陥るときもありますから、睡眠不足の日もあるかも知れません。

それに看護師は、いつでも命を左右する業務に従事しているため、緊張感に晒されることもたくさんあり、精神的ストレスをうまく発散させることも大切だといえますね。

私の友人は少し前に、違う病院に職場を変えたと言っていました。

ラクそうな職場だったのに、と理由を質問してみると、「あまり忙しくなかったから、バリバリ仕事できるところが良い」という理由でした。

出来ることなら働きたくないと考える人が多い世の中で、看護師の仕事としては、どのような業務があるのでしょうか。

朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者の容体を聞き、引き継ぎを行います。

この業務は、夜勤と日勤の交代に際して必ずする「申し送り」という業務です。

それを済ませてから、入院中の患者さんのバイタル測定を行って、清拭や入浴の介助を必要にあわせて行うのです。

転職情報誌で探す方法の良い点は、気楽に転職先を探せることです。

小売店などで購入して、自分の部屋で時間がある時に、看護師の求人情報を検討することができると思います。

ただし、正社員の求人をしている所もあるものの、非正規社員などの雇用形態での求人に偏っている傾向があります。

そして、雇用条件の詳細などが、少しわかりにくいですね。

看護師の人が転職に思い至ったケースでは、今の仕事を行いながら転職先を探すこともあると思います。

そのような時、仕事をしながら自身で次の職場を見つけるとなると、求人の情報を調べる時間がとれないといったこともあります。

そこで、看護師の転職サイトを用いると、希望条件と見合った職場を見つけて紹介してくれるため、利便性が高いです。

全国の看護師年収は、平均して437万円くらいです。

ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。

公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。

準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いみたいです。

看護士の求人は多くありますが、思い通りの条件の求人があるという状況は、なかなかありません。

看護師の資格を持っておられる方で、就職さえできればそれでいいやと思われる方は、たぶん少ないと思います。

できることなら高賃金で職場環境も良く、夜は寝れるように夜勤がないところで働きたいと思っている方も多いと思います。

夜勤が続くと、慢性的な睡眠不足になるので、私の友人はネムリスという睡眠サプリを飲んでいました。

ネムリスの効果は口コミでも評判で、不眠症や睡眠不足が気になるけど、睡眠薬は飲みたくない人にはおすすめなんだそうですよ。