月別アーカイブ: 2018年1月

抗酸化作用になります

「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。

その一番のメリットは、抗酸化作用になります。

お肌を老化させてしまう活性酸素の働きを抑え込み、紫外線トラブルを予防したり、いつの間にかできていたシミを目立たなくしてくれます。

こんな文句なしの効果がある美肌の友ともいえるポリフェノールですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子でお腹を満たしていると化粧や、その他のケアが完璧でもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。

コラーゲンと糖が結合し、働きが弱くなっている疑いがあります。

コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンが糖化したといいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。

気がつけばアラサーになっていて、仕事もあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡に映った自分の姿を見てひっくり返りそうになったのです。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を思い知らされた気がしたのです。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どんなに疲れて帰ってきてももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌のためにできることをして、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。

お茶には様々な種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの作用をいっそう高める働きをしています。

美白を目指すのならビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でカテキンとビタミンCを一緒に摂ることができれば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑える効果を望めます。

美白効果を期待して、レモンを輪切りにして顔にのせ、しばらくおいてパックをすることが話題となりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。

絶対禁物です。

レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミをできにくくする効果を期待してレモンを摂るのなら、日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

肌の調子が戻らない、シワやシミが増えたかも鏡を見ながら考え込むようにしたら、毎日の食事の内容を変えてみるのもいいでしょう。

飲食物が変わると、肌の質が変わってきます。

それによりシワ、シミなどの肌トラブルの改善も期待できます。

毎日食べる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。

家で一人でチャレンジできる方法としては、なかなかレベルの高いアンチエイジングだといえるのかもしれません。

食事の質を変えるのは、習慣もあってなかなか難しいところもあるかもしれませんが、それだけに効果は大きいので是非お試しください。

以前、大人気だったガングロが再度、ブームの予感です。

ファッションの流行の一つとして根付きつつあるとも思えますが、懸念されるのはお肌のシミです。

誰でもではないと思いますが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、より多くのシミが通常の場合より目立つようです。

毎日2リットルの水分補給は健康な身体を作るとされています。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物が排出されないため、黄ぐすみの原因になります。

また、肌の奥から乾燥して、お顔にシワやほうれい線も増えて目立ってきます。

サイクルプラスの体験でも、常日頃から水分不足には気をつけてください。